2013/09/27

標準の、BMI=22、を目指す。

去年から丸1年以上、体重を記録し続けてきた。

結局、70kg前後をフラフラと上下しているだけで、大きな成果に繋がっていない。



今更なのだけど、ここで、僕が目指すべき水準を認識してみる。

標準のBMIは22。そこから僕の身長で逆算すると、目指すべき体重は62kgだった。

62kg。

現在は、10kg近くオーバーした水準で推移してるってことで、これは由々しきことだ。

具体的に目指す水準は、62kgに定めよう。

そして、今通ってるフィットネスクラブでの運動によって、ともかく少しずつでも目標に近づいていくつもり。

昨日はうっかりビール(系)を2本飲んでしまい、昨日エアロバイクで消費した370Kcalと同じ程度のカロリーを摂取してしまった。意外にカロリー高いのだなという現実。

BMIもビールのカロリーも、前々からもちろん知らない訳のない事なんだけど、改めてちゃんと確認。

色々なことについて、ひとつひとつの現実を噛み締めながら一歩ずつ進んでいこう。

久し振りに呑むことにした


2013/09/26

iOS7にアプデしたよ

iPhone、ストレージが残り少なくて、端末のみからアプデ出来ず、そのままにしてた。久しぶりにMacにつなぎ、iTunesからだとアプデ可能だった。


iOS7、アプデ直後はMacOSXのインスト直後のウェルカム画面に似た感じの挨拶が多国語で次々出てくる感じだった。ちょうど今日Mac再インストールしたばかりなので尚更見覚えのある画面。

フラットデザインは、見た目の絵的な明るさはもちろんだけど、文字とかいろいろな表示までが軽い明るい仕上がりになっていて、雰囲気が一新されていてびっくりした。少し前からいろいろなサイトで小さな画面ではiOS7の表示をみてたけど、実物の印象はだいぶ違い、いい意味で裏切られた。

それだけ、表示の奥が深くなってきたのだろう。解像度が上がったこと、性能があがっていることは、結局こういう所には出てくるのかもしれない。小さな画像等での紹介記事でみた画像と、実物の表示とが、違って見えるということ。この文脈は、普通、リアルなモノとバーチャルなのとではよくある差だったりしたけど、それがデジタルの中でも出てくるというか。

まずはアプデ直後の感想をつらつら書いてみた。使ってみてくうち、また感想もたくさん出てきそうだ。まだ全く触ってない状態。スワイプして出てくる透明のコントロールとか、噂に聞くものを実際これから触ってみるよ。楽しみ。

PHP5.3からgoto使えるようになってたのか...

PHP5.3から、gotoが使えるようになっていたことを今知った。。

http://www.php.net/manual/ja/control-structures.goto.php

昔、小学生の時、BASICをいじった際には結構gotoは多用してたっけ。でも今これ使うと、プログラムの構造が相当ややこしくなりそうで、あんまり使ってみたくないかなぁ。でも、必要がある場合は、goto使えるってことを思い出せるようにしておこう。

Nexus7(2013)SIMフリー、GooglePlayでも買えるように。

先日発売されたNexus7(2013)SIMフリー、Amazonなどで買えるようになったのだけど、ついにGooglePlayでも買えるようになってた。



いつか来る未来が来た感じ。

今後も、Google企画の色々なハードウェアがココで販売されるのだろうな。
___

このNexus7や、Apple/レティナディスプレイiPhoneなどは、解像度が相当高いのだけど、綺麗なのは確かだけどオーバースペックだなぁと思ってる。このGoogle/Nexus7(2013)SIMフリーは1920x1200(7.02インチ)。この解像度は、やや大きめのPCディスプレイと同等だ。

たぶんGoogleもAppleも、この解像度は現在では多少オーバースペックだと思っていて、だけれど実際に狙っているのは、その解像度の画面出力が可能なグラフィック処理が出来るタブレットのハードが沢山出荷されて価格が下がることじゃないかと僕は感じてる。

つまり、近い将来、ケータイやタブレットから、ディスプレイやテレビに映像を出力する世界を間近に見据えた1段階なのだろうと。
___

とはいえ、僕的には、Ubuntuを入れたタブレットとかを開発とか普段使いしたいかなぁと思ってる。たぶんその端末はAndroid/Ubuntuのデュアルブートで、価格もApple製品に比べて廉価なハズ。Macは好きだけど、高いので、上手く併用する未来が今の僕に合ってると思う。この1〜2年で普通にARM系のOSが主流になり、小さな端末を大きなディスプレイに接続する世界が実現されそうな気がする。

MacBookPro、バッテリ交換したよ


MacBookPro(A1278 = MC374J/A)のバッテリー(当Mac用純正バッテリ=A1322)が届いた。

「新品」と書いたシールが貼ってあり、わざわざ新品と書いてあるなんて・・・と思いつつ開封。ちなみに送料込6900円だった。


ドキドキしながら、不良バッテリと差し替えて起動すると、「コンピュータの時計が2008年1月1日以前に設定されています」のアラートが出た。


このバッテリ、時計が内蔵されてるっぽい・・・。実際、バッテリを外した状態でAC電源をつけて起動しようとしても起動しない。バッテリがシステムの一部として起動するのに必要になってるなんて、どんな仕様なんだ、、、と思うけど仕方ないッス。でも、このアラートが出たことで、バッテリが正しく交換出来た予感がヒシヒシしてくる。


右上のバッテリのインジケーターを開くと、「充電完了まで2:19」と表示された。嬉しい!このあと恐る恐るACアダプタを外したけどバッテリで動作OKだった。届いた新品のバッテリには、既に30%程度の充電がされていて、このままでも電源を維持できた。

Amazonのレビューで、届いたバッテリの充放電回数が既に1回じゃなかったというのがあったので心配だったけど、確認したら1回と表示。


この画面はシステムプロファイラで確認。左上のりんごを押すと出てくるアップルメニューを開き、キーボードのOptionを押すと一番上の「このMacについて」の項目が「システム情報」に切り替わる。それをクリックするとシステムプロファイラが起動、電源の項目を開くとバッテリの詳細が確認できた。
___

もう随分前から「バッテリを交換」と出ていて、だけど正常に使えていたのに気持ち悪く、、、それがついにバッテリが使用不能になって交換を余儀なくされた訳で。Appleで交換してもらうと12000円かかるらしい情報を見たけど、部品をAmazonで入手すれば新品で6900円。Y型のドライバーも必要なので、今回それも購入した。ついでに僕のMacbookProの場合はHDDも星型のが4箇所ついていて、他で流用しづらくなってたので、とりあえず星型のヘクスローブレンチT5-T10/T15/T20も購入。ごく最近のMacやiPhoneは5角のやつらしく、それはまた必要になったら買うことになるかもしれないけど、それはそれかな。

とりあえず、MacbookProがバッテリで使えなくなって以来、結局Macを使わなくなってしまっていたのだけど、これで家や外を持ち歩く日々が再び来そうだ。今月ちょっと出費しすぎたので、若干来月が心配。。でも、直ったみたいで良かった!
___

配達は、安心のクロネコヤマトの宅急便。
午前中に届けてくれました。



奇しくも、昨日はこのMacbookProを購入して出荷された日からちょうど3年でした。
交換バッテリが出荷されたのが、3年後の9/25となった形。


奇遇にしては出来過ぎてるなぁ。もう3年も経つのか・・・。実際、まだ3年前にはMacについては知らないことが沢山あって、実際にポータブルMacを手にして使い始めてようやく色々わかってきた感じだった。Windowsで始まり、Linux/Ubuntuをメインに使うようになったけど、Macは敷居が高かった。価格も高めだし、維持費も高め、修理は高いし製品ライフサイクルが速くて昔のは容赦なく切り捨てていくApple。でも、やはり製品は美しく、色々なひとがMacを愛して使っているのは今ならとても分かる。持ち歩いて楽しく、見せびらかしたい気持ちにさせる製品なのだ。自分も、できればそういった見せびらかしたいサービス、他人に薦めたいサービスを色々作りたいと思う。








使い分けしてる

iOSではGoogleにログインしてなかったのが意外だった。

そういえば少し意識的に使い分けをしてたので、それが出たのかも。

とはいえGoogle先生は把握してて全てお見通しなのだろうけど。

2013/09/25

釣り動画

今ふと釣りの動画を見たのだけど。

http://tv.shimano.co.jp/movie/beginners/007/

こういうのがスグに無料で見ることが出来る訳で。

この動画はSHIMANOの提供。

ちゃんと商売にも繋がっていて、持続可能であろう合理的なもの。

そういう時代なのだ。



___

自分は今の立ち位置で何が出来るのか、出来ないのか。
視野を広く具体的なことを見て、具体的なイメージを持たなければ。

2013/09/24

フィットネスクラブ...あーあ...orz...

幼稚園を休んで朝からウチで預っていた姪が、風邪治りかけでゴホゴホしてて、それをもらったみたいで昼頃から僕の喉は痛く。

そんな訳で、今日はフィットネスクラブにて、お風呂だけ入ってきた。

今日3回目なので、黄色のバンドつけるのも最終日なのかなと思いながら。

でも会員カード渡しても、黄色のバンドをもらえず。

??? と思いながら更衣室へ。



・・・

風呂を済ませ、受付へ。これまで2回と同じように、名前を言う。

黄色のバンドは無い。そして会員証は返してもらえず。

何故か待たされた後、再発行したという会員証を渡され。

これまでの経緯で、渡しっぱなしと思われる会員証がどうなるか心配で、最初受付した人に来てもらうようお願いして。

少ししてそのひとが来たけど、会員証は返したの一点張り。

持ち物を見てくれと言われ。

財布の中を見たら会員証が・・・orz....

3回目からは「普通の手続き」で会員証は渡すだけということなのだろうか。

4回目以降の手続きは聞いた記憶は無く。

また、トレーニング内容を記録するキーみたいなのについて聞いたら、販売するものだが、販売終了し、今は既に持っている人だけが使えるのだと言う。なんとなく納得がいかないのだけど、そういうことらしい。既に退会してるけど母のキーがあるので、今度マシン使うときは刺して使ってみようかな。

・・・

穏やかに通いたいだけだったのに、なんかこんな経緯になってしまい、次が憂鬱。

そんなにお客さんのことを一々覚えては居ないものだろうけど。早いとこ忘れてくれないかな。

あーあ。

最初受付の時にスグに聞いておけば、こんなことにはならなかったのかな。

でもコレって僕は全然悪くないよね...?

もうやだ。

2013/09/22

大崎町での釣果

カニ20匹ほど。魚は一匹逃したの有り。

MacBookPro、依然として充電できない。





MacBookPro(A1278 = MC374J/A)にて、右上のインジケーターを開くと「バッテリーは充電できません」のメッセージが出ており、実際充電できない状態。状態は「状態:今すぐ交換」の状態で、電源は「電源:電源アダプタ」となってる。最初、このMacが再度電源が入るようになって喜んでいたとき、最初は「バッテリーの交換修理」になっていたような気がする。状況は改善してるのではないかという淡い期待。

http://support.apple.com/kb/HT3964?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

のように、

・スリープ→スリープ解除
・再起動
・終了
を実施。でも同じエラーのまま直らず、むなしく充電は0%のまま。

で、電源系のトラブルの場合、
・電源アダプタをコンセントから数秒間外す
・バッテリを物理的に一旦外す
と改善されるかもともサイト記載あり。

なのだけど・・・このMacのバッテリはY型のドライバが必要なのだよね。。バッテリを一旦外しバッテリーリセットで直ることはPC/AT互換機では何度も経験してるので、まずはそれを試してみたい。なので、Y型のドライバと、ついでにApple製品でよくある6星型ドライバも注文することにした。サイズはレビューみてるとたぶんT8とかT6あたりっぽいけど分からないので、 へクスローブT5、T6、T7、T8、T9、T10、T15、T20が揃ったものを選択。





これで、まずはバッテリーリセットを試してみて、駄目ならバッテリ交換(当Mac用純正バッテリ=A1322)を試すかもしれない。この状態でロジックボードとかってことは可能性低いよね?分からないけど・・・。



結局、Mac復活後、持ち歩きできない状態だったんだけど、そうなると全然使わないことになってしまってた。やっぱり持ち歩きが出来てこそのMacbookPro。iOSの開発とかはまだやってないしね。

そんな訳で、バッテリーリセットだけでこの状態が改善されることを祈るばかり。Y型と六角星型の工具はApple製品では必要な工具だしね...。ただ、Appleの最近の新しいのでは五角の星のもあるらしくて、そういう無駄に増えるレパートリーには心配なのだけど。

・・・しかし直後。

自分で取り外しできないバッテリーの場合の方法がAppleのサイトに書いてあったので試してみる。2009年以降のMacbookProも記載がある。

「内蔵キーボードの左側にある「shift-control-option」キーを押しながら電源ボタンを押」してから、電源を入れてみた。・・・右上の表示は変わらず「バッテリーは充電できません」のまま。

電源ON直後に「command + option + P + R」キーを同時に押し続けてのNVRAM/PRAMリセットも効果なし。

とりあえずAmazonに注文済なので、届くのを待って物理的にバッテリーリセットしてみよう。

カゴメ国産トマトジュース

フィットネスクラブの帰り、受付手前でカゴメのトマトジュースの試飲会してて、勧められるまま少し頂いた。珍しく国産トマトのトマトジュースらしく、味のコサをアピールなさってたけど、やっぱり高いのかなぁとか、何県産かなぁとか思ってしまった。

Amazon