2013/12/28

台北旅行について調べたメモ

海外旅行未経験の僕が、下調べ的に少し調べた内容をメモ。

■パスポート/ビザなど:10年有効のパスポートは16000円、提出書類に住民票200円と戸籍謄本450円(豊橋市の場合)、パスポート用証明写真45mmx35mmは顔の写った大きさ等まで細かく指定有(縁なしL版写真印刷で4枚分印刷できそう=顎と頭頂の位置を目安にGIMP等で加工/PHPで自作スクリプトつくってブラウザから顎等の場所指定して加工もいいかも)、他に申請書(備え付けの紙に記入)、運転免許証、でOK。観光目的なら帰りの航空券があれば90日間ビザ無しOK(台湾)。パスポートは申請から1週間程度でOK。

■航空券:最安で諸経費込み往復18000円程度(関西空港発のLCC(格安航空会社)/JetStar(Jet★)の場合、大阪までの旅費を除く)。中部国際空港発の台湾行きLCCは今のところ無い模様。海外旅行未経験の僕には色々知らないことだらけ。JET★のスターターの場合、機内持込10kgまで料金に含む。WEBで日付まで指定して予約。安い航空券は深夜着とか早朝発なので現地での移動に工夫が必要。台湾の桃園国際空港の場合ロビーで寝ることも可能ぽいので早朝発で帰国なら最終日は空港ロビーで寝るのも一案でしかも現実的かも。

■空港での手続き等:飛行機のチェックイン、出入国審査、手荷物預かりへの引渡しなど。おそらく飛行機内で配布もしくは入手できる入国の申請表を機内で記入する(要ボールペン持参)。

■空港からのアクセス:台北市の中心から車で1時間程度の位置。初心者はバスが良い。バスで300円程度、4社が運行。5時台北駅発の始発から深夜まで。途中高速道路を経て到着。タクシーでは5000円ほど。ほかに、バス等で最寄りの台湾新幹線の駅に行き、台北に向かう方法などもあるがやや上級者向き。激安の飛行機の便は早朝か深夜の場合が多く、しかし飛行機の遅延も少なからず発生する為、ロビー泊などがむしろ現実的かも。

■交通事情:3日以上など比較的長期滞在の場合は悠遊カードが便利(1500円程度の100元デポジットの交通系ICカード、MRT/バス/猫空ロープウェイのほか一部コンビニ等でも使用可能、MRTが2割引でバスに乗り継ぐとバス半額などお得、返金は手数料引かれて残額とデポジット分が返金される)。台北の東南方向に猫空ロープウェイあり。MRTで台北市付近に点在する観光地等に安価に行ける。元々はバスが発達しており長距離も含めバスを使いこなすと色々なところに行けるが分かりづらさもあり難易度は高い。バイク多い。運転は荒めだが台北はマシな方。明確に車優先の社会で危ないので道を歩くときは注意。

■治安:良好。日本並に良いっぽい。

■水道水:悪くはないが飲まないほうがいい。屋台で販売されるかき氷や飲み物の氷は水道水の場合がある。

■対日感情:親日。日本はカッコイイと思ってもらえていて町中の看板や商品などにそれが垣間見えるとのこと。日本統治時代に劇的にインフラ整備が進んだ。なのでたぶん、海外旅行の現地で嫌な思いをする可能性は低そう(←重要)

■気候:北部は亜熱帯、南部は熱帯。夏は暑く35度も超えるため、現地でも陽を避けて車移動する人も。汗をかき着替え必須。冬は基本的に寒過ぎないが底冷えすることもありそれなりの防寒具は必要。

■言語:北京語が教育で用いられておりベースだが地元色の言葉になっている。漢字は日本の旧漢字に近いため筆談でも比較的通じる模様。おじいさんおばあさん世代は日本の同化政策で日本語教育を受けており日本語が話せる。台湾の街でも日本語が分かるひとが比較的居るので日本語で粗暴な言葉を吐くことは厳禁。おおむね軽い英語でやりとり可能。

■筆談:特に行き方を訪ねる場合など、筆談が効果的な模様。故に紙とペンは絶対携帯すべし。

■宿泊施設:ゲストハウスと言われる相部屋は1000円台からあるが清潔さなどに欠け、ネットのレビューを参考に2000円台程度からで選んだ方がいいかも。宿泊施設にちゃんとした個人ロッカーをカードキーで持てると安心。駅にはコインロッカーがあり300円程度でうまく利用する手も。Wifi無料のところ多い。コンセントは大方普通借りられるようだ。二段ベッドが並んだような感じぽいので貴重品や所持品の管理には注意が要りそう。当然かもだけど荷物になるお土産の購入は最終日くらいにしたほうがよい。

■Wifi/電源コンセント事情:台北市内で使える無料Wifiがある(現地ではもちろん日本から事前登録も可能、10Mbps)。空港で寝泊まりなどの際に柱の脇にあるコンセントを端末充電に使用する例があり使用可能ぽい。基本的にはホテルのコンセントで充電の形。コンセント形状は日本と同一(というかアメリカと同じ、ただし110W)。

■プリペイドSIM:中華電信のが7日間450元でデータ通信使い放題。空港内のショップで購入できるが21時以降は営業してないかも。手持ちのIDEOSだと2.5G接続で遅いのを我慢になりそう。LGのも持っていって試してみたいかな。

■物価:ほんの少し安い印象。モノによってはかなり安い。酒は酒税が低いため安価で台湾ビールは350mlが100円程度。Tシャツや靴下など衣料品はピンキリで激安のものから様々。スポーツシューズは日本より少し安く買えそう。ABCマートある(西門など)が日本と同じくらいか少し安い程度ぽい。飲食店は日本での超高級店のような値段のぶっ飛んだ価格の店はなく、比較的現実的な値段(もちろん高価だけど)で台湾で最も良い飲食店にも行ける。

■夜市:亜熱帯/熱帯に属する台湾では昼間暑く、このため夜に毎日開かれる夜市が賑わいを見せる。出店は、飲食店のほか衣料品や雑貨、ゲームなど様々。台湾で一番の夜市は台北市北部の士林夜市で、MRTの駅を降りて5分ほどとアクセス良好。

■太極拳:早朝に公園で太極拳をしている姿を見れるかも。二二八和平公園など。

■北投温泉:台北の北部、MRT(地下鉄)で30分で行ける。日本の温泉地に似た雰囲気で、300円程度から、日帰り入浴も可能。水着要る場合もありレンタル出来るが持参するといいかも。士林夜市と同じMRTの路線なのであわせて行くと都合が良さそう。北投温泉博物館(無料)。地獄谷(源泉)。親水公園露天温泉浴池(水着着用)。

■台北101:新しく開発された地域に建てられた超高層ビル。展望室もあり。高めのテナントが集まる。

■西門駅:台湾の原宿。奇抜なファッションのひとも街に違和感なく存在、若者文化の発信地。衣料品など安価に揃うかも。123-shoesは300から1000元程度で良さそうなのが色々WEBに載ってた。

■忠孝新生駅:光華商場。台北の秋葉原。電気街、古書店街、骨董品店等。

■台北駅:中心部。三越がある。様々な交通手段の起点になるところ。新幹線も。

■国立故宮博物院/史跡:世界4大博物館のひとつがあり、戦火を逃れるため移転された宋時代〜の様々な宝物が展示される。全てを見るにはかなりの時間を要する。日本の台湾統治時代に建設された中央政府の拠点の建物、総統府がある。

■動物園/猫空ロープウェイ:台北市の東南地区にあり。MRTの駅があり、猫空ロープウェイ駅の近く。月曜休み。東アジア最大級の広い動物園。パンダとコアラが近くに配置されておりパンダは人気。展示は自然に近く広くなされ日本で見かけない植物も。天気に予定をあわせてロープウェイは晴れた日に乗った方が良い。

■休日:公共系の施設は月曜休みっぽいので曜日に注意。動物園や博物館、図書館等。

■龍山寺/寺院:龍山寺は歴史有る寺でMRT駅からスグ。かわったおみくじがあるとのこと。周辺は店各種あり、夜市も。古い廟などは各地にある。

■お土産/関税等:茶器は良いかも。烏龍茶が著名らしい。南国寄りでトロピカルフルーツの生ジュース屋台も多数あるが、生の果物は検疫の問題でお土産では不可(ドライフルーツなら可)。酒は1リットル以上の持ち出しは、出国時に台湾税関に要申請(日本側の制限は750mlx3まで)。

■越境・機内持込禁止物品:機内持ち込み不可なのは危険物や各種禁止品など。外務省のリストに細かく参考になる(100円ライターは良いが一部ガスライターは不可など細かく規定がある)。
___

また何か補足事項があれば追記しようかな。
とりま先日熱にうなされてたときに色々なサイトを読みあさって知ったことをここにまとめてみた。
___

少しずつメモ追記してる。事前の下調べは重要。
___

お正月特価でpeachの関空-台北が諸経費込で往復12510円だったけどパスポート情報が予約時に必須だなんて...。パスポートまだ持ってないです。特価は今日1/5の23:59まで。


変化球系SNSの妄想

■所属組織内で使用するSNS
■各人の名前/顔/プロフィールは基本情報として登録済
■ひとりの相手に対して、1以上のライクまたはヘイトを行うことが出来る。
■所属組織の構成員数と同数まで、各人は誰かをライクできる。ライクすると、当人の発信がリアルタイムで見れる。
■所属組織の構成員数と同数まで、各人は誰かをヘイトできる。ヘイトすると、当人の発信が1時間遅れだが見れる。ただし、2ヘイトなら2時間遅れ、10ヘイトなら10時間遅れとなる。
■このシステム全体のライクヘイト関係を、社長や人事部も含め誰も見る事ができない

... と、例えば設定しておいて、妄想を小説にしてみるとか、あるいは実際にシステム作ってみるとか。ていうか、そう列挙する事自体、小説家も起業家も、ある意味、同列の博打人生って僕は感じてるんだな。

__

風邪で熱を出して、この数日間寝てた僕。
昨日今日、なんか眠りに就けないんだよね。
たぶん、大事をとって必要以上に疲れないようにしてるせいだと思う。

まだ3時過ぎか... 昨日寝床に20時に入って寝れたのはようやく0時頃。
それでまた目が覚めてウダウダ考え事止まらなくて3時頃起きてこんなこと書いてるとか...寝なきゃ

2013/12/27

無料コミック

コミックって無料で気軽に読めるようになってたんだなぁ...平日刊とか週刊とか、少しずつ連載とか、色々。
http://www.moae.jp/

これ↓面白かった。
http://www.moae.jp/comic/indodekyabakura

これが辿り着いた形のひとつなんだな。
手間をかけすぎない程度の加減で、しかし本当に大切なところはしっかりしているとか、個別には色々あれど。

この10年のネットも、色々あったけど、本質的なルールは全然変わっていない。

2013/12/24

チャーリーとチョコレート工場見たよ

いま、googleplayでチャーリーとチョコレート工場見た。

良かった。いい映画。

ストーリーも映像も作り込まれてる。THE映画。インド風のシーンは新鮮だけど変な感じ、というか全体的に、そんな、雰囲気を持った映画。

実は今年2013年の正月、初めてgoogleplayで映画を見たときに、他の見てみたい映画のひとつがコレだったけど、まだ見てなかった。今年ももうすぐ終わるタイミングで見る事が出来た。

MacbookProをwifiでつなぎ、光回線で。途中バッファが切れることもなく最後まで綺麗な映像で快適に見れた。

fuluとかtsutayaのとか、色々映像見る手段出てきてて。試してみようかなと思ったけど、まだ見れる映画のラインナップが限られている印象で、DVDを郵送する形のは種類も豊富っぽいけどなかなか毎月4本とか8本コンスタントに観る自信もなくて。とりまひさしぶりにgoogleplayで観てみた次第。

映像はここまで来ている。電子書籍はどうなんだろう。

Amazon